xcodeインストール中に「installation alert」が出たら

iPhoneアプリを開発するために
xcodeをダウンロードしてインストールする必要があります。

しかし、xcodeのインストール中にiTunesを起動していると
「installation alert」が表示されてiTunesを終了してくださいと
表示され、インストールが途中で止まってしまいます。

コレが出るとけっこう厄介で、指示通りにiTunesを終了しても
「installation alert」のアラートがまったく消えません。

インストール終了まで残り2分というところなので
また一からやり直すのはイヤなのでグーグルで検索して
Terminal.appから「installation alert」を
終了すれば良いとわかりました。

Terminal.appを使わないと終了できないって
なんかおかしいと思いますが、開発者向けのソフトなので
この程度のハードルを乗り越えられないでどうする!!
みたいな感じなのでしょうか?

「installation alert」を消す方法としては
アプリケーション→ユーティリティ→ターミナルを起動して
以下のコマンドを実行すれば終了します。

まず、ターミナルを起動すると「$」が表示されます。
各環境によって$マークより前にユーザー名が変わります。

"ユーザー名"$

「$」から後にコマンドを入力して実行します。

$ ps aux | grep iTunes

これを実行すると現在動いているプロセスが
こんな感じで表示されます。

290   0.0  0.1  2742616   6572   ??  S     7:02AM   0:00.08
   /Applications/iTunes.app/Contents/MacOS/iTunesHelper.app/
   Contents/MacOS/iTunesHelper -psn_0_94231
4372   0.0  0.0  2435116    528 s000  S+    7:40AM   0:00.00 grep iTunes

「iTunesHelper」というのが「installation alert」の
プロセスになります。このプロセス番号を調べます。
この例のプロセス番号は「290」です。

プロセス番号「290」を指定してプロセスを終了します。

$ kill -9 "290"

これで「installation alert」を終了できます。

■「installation alert」を終了するためのターミナルコマンド

$ ps aux | grep iTunes  // プロセス番号を調べる
$ kill -9 "プロセス番号"  // プロセスを終了する

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ