Xcode5ではProvisioning Profilesの設定方法が変更された

Xcode5ではアプリを申請するときに必要になる
Provisioning Profileの設定方法がXcode4のときとは
だいぶ変わりました。

Xcode4のときはProvisioning Profilesを
Development、Distributionで作ってダウンロードして
Xcodeの方でProvisioning Profilesを選択していました。

しかし、Xcode5では
iPhone Distribution、iPhone Distributionの2つから
選ぶようになりました。

Provisioning Profiles設定

Xcode5になってからアプリ申請をしましたが
まだ審査待ちなので、申請が無事に通るか心配です。

でも、このやり方で良いのなら
Xcode4のときよりもアプリ申請が
簡単になってます。

この調子でもっとアプリ開発が簡単に
できるようになるのを期待してます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ