iPhoneでカメラアプリを作成する方法

iPhoneでカメラアプリを作成するときの方法として
UIImagePickerControllerクラスを使う方法と
AVFoundationフレームワークを使う方法があります。

UIImagePickerControllerを使うと
iPhoneで標準で付いているカメラアプリを
起動させることができるので簡単に実装できます。

UIImagePickerControllerのサンプルコードは
以下のサイトを見るとわかりやすいです。


シンプルなカメラアプリを作成しました


(Xcode/iPhone)カメラアプリ制作、の勉強メモ。

AVFoundationと使うとiPhoneの標準カメラを
使わずにインターフェイスから位置からカメラアプリを
作成することができ、画像を重ねたりフィルターを
かけたりすることができます。

なので、UIImagePickerControllerを使うよりも
実装が難しいですが、iPhoneのカメラアプリの
ほとんどはAVFoundationを使用しています。

AVFoundationフレームワークを使った
わかりやすいサンプルコードを掲載している
サイトを紹介します。


AVFoundationでカメラを表示するとても短いサンプル


【その1】UIImagePickerController を使わないカメラアプリの実装方法

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ