iOSデベロッパプログラムを更新してもProvisioningファイルは自動更新されない

iOSデベロッパプログラムに申し込んでから
1年が経過したのでiOSデベロッパプログラムを更新しましたが
オーガナイザのDistribution Provisioning Profilesのステータスが
Activeではなく、Expiredのままになっています。
Provisioning Profiles更新
Provisioning Profiles更新
「Expired」の意味が分からなかったので
翻訳してみたら「終了」という意味でした。
iOSデベロッパプログラムを更新しても
Provisioningファイルは自動更新されないみたいです。
オーガナイザのステータスが「valid signing identity not found」に
なっているプロフィールもあります。
「Renew」というボタンがあるので
これを押せば更新されるのかと思いきや
「No value was provided for the parameter ‘certificatelds’.」
と表示されて更新されませんでした。
iOSデベロッパのiOS Provisioning Portalにアクセスすると
ステータスが[Expired]となっているところがあります。
Provisioning Profiles更新
Provisioning Profiles更新
なので、ちょっと面倒ですが
Provisioningファイルを削除して新しく作り直しました。
そして、オーガナイザの方もProvisioningファイルを全部削除して
再設定したらステータスが「Valid profile」になりました。
Provisioning Profiles更新
もっと簡単に更新する方法がありそうですが
やり方がわからないので、コレで良いや。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ