「UIActivityIndicatorView」を使って読込み中の表示をする

読込み中・ローディング中の表示
UIActivityIndicatorViewの使い方

アプリでデータの読込み中に今読込み中だという表示をさせたいときに
使えるのが「UIActivityIndicatorView」です。

使い方はけっこう簡単なのですが画面の中央に表示する方法が
いくつかあるんですが、ここで紹介しているコードではデバイスを
縦向きから横向きにしたときに表示位置がズレるので
横向きに対応させるにはちょっと工夫する必要があります。

また、iOSのバージョンによっても表示の大きさが
変わったりするようなので使いづらいかも。

コーディング例:

■.h

	UIActivityIndicatorView * aiView;                   //ローディング中の表示

■.m

viewDidLoad
	// インスタンスを作成する。
    // initで指定するスタイルは、カスタマイズのところで説明を書きます。
    aiView = [[UIActivityIndicatorView alloc] initWithActivityIndicatorStyle:UIActivityIndicatorViewStyleWhiteLarge];

    // 画面の中央に表示するようにframeを変更する:例1
    aiView.frame = CGRectMake(0, 0, 50, 50);
    float ww = aiView.frame.size.width;
    float hh = aiView.frame.size.height;
    float xx = self.view.frame.size.width/2 - ww/2;
    float yy = self.view.frame.size.height/2 - hh/2;
    aiView.frame = CGRectMake(xx, yy, ww, hh);
    aiView.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyleGray;

	/*
     // 画面の中央に表示するようにframeを変更する:例2
     aiView.frame = CGRectMake(0, 0, 50, 50);
     aiView.center = self.view.center;
     aiView.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyleWhiteLarge;
     */
	 
    /*
     // 画面の中央に表示するようにframeを変更する:例3
     float w = aiView.frame.size.width;
     float h = aiView.frame.size.height;
     float x = self.view.frame.size.width/2 - w/2;
     float y = self.view.frame.size.height/2 - h/2;
     aiView.frame = CGRectMake(x, y, w, h);
     */

    // 現在のサブビューとして登録する
    [self.view addSubview:aiView];

    // アニメーションを開始させたい時に呼ぶ
    [aiView startAnimating];

    // 読込みアニメーションを停止
    [aiView stopAnimating];

■参考サイト

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ